banner

制作を行うおもな工程

1. ホームページ制作時の工程管理を行う工程表について
ホームページ制作を行う場合、制作に関わる項目を書き出して、工程表を作成しておく事で、現在どの部分までホームページ制作が終わっているのかや、後どれだけ制作に時間が必要になるのかの目安になります。
工程表にスケジュールを明記する事で、ホームページ制作の全体の流れが見えてきますので、納期が遅れそうな場合でも早めに対処する事が出来ると言う利点があるわけです。
納期は基本的に厳守ではありますが、工程の中で様々な障害が起きてしまい、どうしても納期に間に合わなくなるケースもあります。
こんな時にも、工程表がある事で、どれだけでの時間を要するのかなどを把握しやすくなりますし、ホームページ制作の依頼者に対しても、早めに話を出来ると言う利点もあるのです。
ホームページ制作における工程と言うのは、制作依頼が起きた時に制作する事になります。
ホームページは、依頼者からの要望などがありますので、その都度工程を変えていく必要があるのです。
例えば、デザインなどを他のデザイナーに依頼する場合などでは、そのデザインが何時入稿するのかによっても工程は代わりますし、素材などは全て、依頼者側が提供する場合もあれば、ホームページ制作を行う会社が素材を作り上げる事もありますので、当然工程は代わるわけです。
そのため、工程を作成するのは、依頼を受け、打ち合わせを入念に行なった後に制作される事になると言うことです。
一般的には、支給データや素材の入手のタイミング、原稿作成、基本デザイン、HTMLのコーディング、動的ページ作成(FLASHなど)、グラフィック作成、テスト、そして納品と言った工程になりますが、これは制作するホームページの内容によっては、データベースの構築や実装などが工程の中に含まれたり、動作環境におけるテストなどが含まれる事になります。
最近のホームページには、トップ画面に動的ページを持ってくるケースが多くなっており、これらの制作についても工程に含まれてくるケースが多いのが特徴です。

2.クライアントとの打合せ
ホームページ制作を行うのに、工程として一番最初に行うことはクライアントから依頼を受けたときに情報を出来るだけ多く集めることです。クライアントがどんなホームページにしたいのかは最初に話し合って方向性を決めていきます。この時にホームページにはどんな情報を入れるのか、立ち上げの理由やコンセプトにおいても知っておく必要があります。それからどんな雰囲気のデザインにするかのイメージを固めていくことが大切です。クライアントからどのようなホームページに仕上げていくのか大まかに分かったら、既存の同業他社のサイトを見て参考にするのも良いでしょう。
制作に入るときには各ページの構築を考えます。紹介したい内容をページで分けるためにリストアップを行ってから、ホームページ制作に入ります。それぞれの紹介ページをリンクでつなげることによってひとつのホームページとなります。見る人の目的に合っているか、見やすい内容になっているかを考えるために必要なページを書き出してみる必要があります。
制作の工程に入るときは、まずトップページで表示させたい内容を決めていきます。トップページはユーザーが最初に訪れる重要な場所であり、第一印象が良いものは人が見やすくなるのでデザインの見栄えは大事になります。また機能面においても使い勝手の良さはポイントになるのでレイアウトを決めることが重要になります。

3.ラフデザイン
ホームページ制作は専用のソフトを使って制作しますが、いきなりソフトを使って作りだすのではなく、ホームページ全体を構築するためのラフスケッチを準備するとスムーズに制作にとりかかることが出来ます。トップページの内容をいくつかスケッチすることでホームページの雰囲気を決めていきます。制作にあたって思いついた情報は出来る限りすべてスケッチに起こします。
大体のイメージが出来上がりましたら、専用ソフトや画像ソフトを使ってホームページ制作に入ります。画像やバナーやボタン、文字の入る場所をおおまかに枠取りし、背景色やボタンなどの色を決めていきます。バナーやボタンはあらかじめデザインを決めてweb用の画像にしておく必要があります。掲載する写真に関してもweb用に適した加工を行います。文字や画像、ボタンなどを入れて全体のデザインが出来上がりましたら、各パーツのデータをweb用の形式、ファイル名に保存してwebで使う時用のデータとして用意しておきます。用意した各パーツのデータはカテゴリーごとにファイルに分けて管理を行います。

 

Copyright(c) 2014 ホームページを作る時に知っておく必要なこと All Rights Reserved.